Chapter 22.1 -戦士の休息-

あれ…懐かしいな、と思って天井を見上げる。装飾が施された高い天井に、朝の静かな光が差し込んでいる。王の間だ。ふと正面を見ると、玉座に誰かが座っているのが見えた。男が…がっくりと頭を落として座っている。


あれは…ノクトは、驚きもせず、平然と玉座に近づく。そしてその正面から、無遠慮に男の顔を覗きこんだ。


ああ…やっぱりオレか。酷い顔して死んでやがるな…


苦渋に満ちたゆがんだ表情で、目は閉じられていた。レギスの剣が、まっすぐにその胸を貫いている。


「ねえ、また、そこへ座れって言われたさぁ…やっぱり座るの?」


背後から馴れ馴れしい声が聞こえた。誰なのかはすぐにわかったが、ノクトは不思議と焦りもしなかった。そういや、あいつはオレん中にいるんだっけ…振り向いて、ちらっとその姿を見る。玉座から降りたその先に、あの男が悠然と立っている。ノクトは、ふん、と詰まらなそうに鼻息を漏らして、また、玉座に座る自分の死体に向き直った。


「…もう座るかよ。ゴメンだな」


「へええ?」


アーデンは大げさに驚いてみせる。


「意外だな」


そして静かになった。…気配が消えたか、と思って振り向いてみると、耳に息がかかるくらい密着して自分の背後に立ってきた。内心、飛び上がるくらいに驚いたが、にやにやと笑っているその顔を見ると、悔しさが込み上げて平静を装った。ムッとして、無視するようにまた玉座を向く。


相変わらず、鬱陶しい…


「おれ、思うんだけどさ。一度そこに座った奴は…また、何度でも座ると思うんだよ。賭けてもいいよ」


ノクトの耳元に囁きかける。中年オヤジの熱い息が耳にかかって、気色悪い。


「はあ? 賭けるって、お前負けたら何をよこすんだよ」

もう、存在もしない癖に。

「そうねぇ…負けたら、2度と夢に出てこないってのはどう?」

ノクトは、思わずクスッと笑った。

「オレが負けたら?」

「毎日夢に登場してあげようかな」

くだらねぇなぁ。しかし、いまやアーデンが及ぼすことのできる範囲は、その程度か。


「大切なものを守るためなら…座っちゃうんじゃないの。国のため…友のため…未来のため…ねえ、ノクト?」


ノクトは、背後の声を軽く聞き流しながら、玉座の死体を眺めていた。血の気のない真っ白な顔…伸ばし放題のヒゲは小汚いし、口はだらしなく半開きになっている。こうして眺めてみると何の感慨もないな…


その死体が、ぱっと切り替わった。がっくりとうなだれる様子は同じだが…座っているのはグラディオだ。玉座が小さく見える…と、ノクトは冷静にその様子を観察していた。また、ぱっと切り替わる。次はイグニス。すぐに切り替わって、プロンプトだ。次にルーナに切り替わったときは、さすがに一瞬顔を曇らせたが、その後も次々と、シドニー、コル、モニカ、レギスやクライレス…それだけでなく、居酒屋店長のやまちゃんまで…ノクトの記憶にあるあらゆる人物が玉座に座って、剣に貫かれる。


シュールだな…ノクトは冷静な頭で考えていた。


「ノクティス…」


優しい声がして、ノクトは目を開けた。カーテンを引いた窓から、強烈な日差しが一筋、差し込んでいた。ベッドの上に横たわったまま、ルーナがやさしく笑って、ノクトの頬に手を触れている。


「何か夢を?」


「ああ…あいつが夢に出てきた」


ノクトはルーナの手に自分の手を重ねた。ルーナは、ふふ、と笑って、驚きもしなかった。


「私の夢にも、時々現れます」


「ほんとか?」


ノクトは驚いてルーナを見る。


「でも…夢でお会いするときは、とても穏やかな方です」


ルーナは心配させまいと思ったのか、そう言い添える。


「オレの夢では…相変わらず、嫌味なやつだ」


ルーナはまた笑った。ノクトは、ルーナの手にそっと口づけをして…それから、そうだ、今日から3日も休暇なのだと思い出し、ルーナの体を抱き寄せた。昨夜あれだけ愛し合ったと言うのに…ノクトはまたその体の上にのしかかろうとする。


「ノクティス…もう、朝ですよ」


ルーナは呆れたように、夫の顔を見る。


「いいだろ…休みの日くらい」


と言って、唇を重ねようとしたが、ルーナがちょっと困った顔して、やさしくノクトの顔を押し留めた。


「私、昨夜…言いそびれてしまって。ごめんなさい、今日は、お昼ごろから出なくてはいけないんです」


え?! ノクトは、驚いてマジマジとルーナの顔を見る。だって…昨夜、ようやく遠征から帰って、そして二人で3日間の休暇を取るようにと、ハルマに言い渡されたはずだ。


「迷ったんですけど…調理班の方で、昨日から体調を崩された方がいますので。今、キャンプの方で風邪が流行しています。何人かお休みされているんです。やはり、お手伝いに行かなければいけません」


ノクトは泣きたいような気分になって、がっくりとルーナの胸に顔を押し付けた。


なんだよ、それ…


小学生みたいにだだを捏ねたい気分で、乳房に顔を擦り付ける。ルーナは、ノクトを宥めるように、優しく頭を撫でた。


「ごめんなさい、ノクティス…なるべく早く戻るようにしますね」


「…明日も? まさか、明後日も行くのか?」


ノクトは胸に顔をうずめたまま聞く。


「どうでしょう…お休みになってる方が早く回復すれば、あるいは…」


その声は自信がなさそうだった。ノクトは、はあああ、とため息をついた。そして…気を取り直して顔を上げる。


「昼まで時間があるってことだよな」


ルーナは笑って、ノクトの首に腕を回した。




昼過ぎ…遅すぎる朝ごはんを二人で取ると、ルーナは、まるで急にスイッチが切り変わったみたいに、いそいそと炊き出しに出かけてしまった。難民キャンプに立ち上がった調理班。その集いがルーナには楽しいらしい。一日ゆっくりなさってくださいね…とノクトを気遣う言葉を残したが、出かける様子は…まるでうきうきとしていた。ノクトは、腑に落ちない。

昨夜、夕食のときに楽しげに話してくれたところによると…調理班では、ルーナは普通に、’ルーナ’と呼ばれ、そして、チパシの女性のひとりとして馴染んでいるということだった…ほんとだろうか、とノクトは訝しがる。悪いが、その辺の女性達と一緒にいたら、どうしたってルーナが浮くと思うんだが… 神々しいほどに美しい、神凪が、地元の女性達に混じって炊き出しをしているという絵柄は、ノクトにはどうにも想像がつかなかった。


後で覗いてくるかな… いや、と、自分で打ち消すように首を振る。キャンプまで行ってしまったらこき使われるに決まっている…昨日も、遠征からの帰り道、警備隊の面々が、対応に追われているのが目に入った。


3日の休暇は絶対だぞ


ハルマのやつも、強く言ってたしな…

ノクトは長らく触れていなかった釣具を取り出して、風車の手前の小川を目指した。


「あれ、ノクトひとり?」


川の小さなめがね橋の上から糸を垂らしていると、機材を抱えたプロンプトが通りがかった。ノクトは詰まらなそうに


「ああ」


と短く答えた。


「釣りしてんの久しぶりに見たわぁ…でも、なんでそんなつまんなそうにしてんの」


「ほっとけ」


プロンプトは、何を思ったかちょこんと、ノクトの隣に腰を下ろして、しばし、川を見下ろした。


「なんだよ、お前。仕事じゃないのか」


「うん、通信機のメンテにね。昨日定期連絡のとき、調子が悪かったって言うからさ」


しかし、急ぐようすもなく、釣り糸の様子を眺めている。


「ここ、でかい魚いる?」


「こんな浅瀬じゃ、ちっこいのしかいないだろ」


「でもさ、沢山釣ればフライぐらいにはなるでしょ。釣ったらルーナ様が喜ぶよ。そう言えば、ルーナ様は?」


ノクトはぶすくれて…


「キャンプの炊き出しに行ってる...あっちで風邪が流行って人手が足りないんだとさ」


あちゃー… とプロンプトは同情するようにノクトを見た。


「それで一人寂しそうなんだ…そりゃ気の毒だね!」


「うっせーな。お前ももう行けよっ」


おお、機嫌悪い! プロンプトはからかうように言って、立ち上がった。


「そんなに暇なら本部にでも行ってみれば? もう次の遠征隊の話がでてるよ。今度は工場を拠点にするかって」


ふううん… ノクトは気のない返事をした。


「じゃあ、メンテ行ってくるねぇ」


「おお、行って来い」


プロンプトは鼻歌を歌いながら、丘を登って行った。あいつはご機嫌だな。ノクトは、ぼんやりとその背中を見送る。まもなく風車にたどり着いて、機材を広げているのが見えた。


小さな引きがあって、あっと思ってリールを巻く。ピチピチと引く具合は…魚には違いないが、いかにも軽い。スルスルと抵抗なく上がって、その釣り糸の先に小ぶりの魚がぶら下がってきた。

まあ…フライぐらいにはなるか。ノクトは、針から外して小さなバケツに放り込んだ。このサイズだと、10匹も釣らないと、格好がつかない…すぐにまた、糸を垂らす。すぐに、針の先をくすぐる手ごたえがある。入れ食いか? 

慣れた手つきで、さっと引き上げる。さっきよりは少し大きい。ふふん、いけるじゃねえか。満更でもない顔をして2匹目をバケツに移す。そういやぁ、ルーナに釣った魚を持って帰るのは初めてだな。…きっと喜ぶ。

立て続けに、5匹が釣れた。どれも似たり寄ったりの大きさだったが、徐々に釣りの手ごたえを思い出して、気分が上がる。

すぐにまた、手ごたえを感じる。6匹目も楽勝かな? と、思っていると、随分と竿が重い…これは、大物が来たか?! ノクトは、本腰を入れて立ち上がる。釣り糸の先は川を遡るように引きている…ちょっと加減してやらないと、糸が切れそうだ。

マジか…こんな小さな川に。ノクトは目を凝らした。水深はさしてないはずだ…木立の陰が水面に映り込んでよく見えない。大きな尾が、揺れ動いているようにも見えるが。

風車の方からプロンプトが、早々戻ってくるのが見えた。プロンプトの方でも、異変に気がついて駆け寄って来た。

「ノクト?! もしかして、大物?!」

「ああ、多分な!」

つい先ほどの機嫌の悪さなど、どこへ行ったか、こどものように無邪気に顔をほころばせながら答える。プロンプトは抱えて来た機材を足元に置いて、カメラを構えた。

「逃さないでよ!」

「逃すかよ!」

ノクトは、玄人っぽく竿を左右に振って獲物の動きに合わせる。なかなか、妙な動きをする魚だ。川底へ引っぱっていくような力がかかる。

なんだ…張り付いてるみたいな力だな

ノクトは激しく左右に揺すりながら、獲物を引き上げにかかった。だいぶ、弱って来ているはずだ。ピクピク、と抵抗を示しながら、じわじわ橋の方へ引き寄せられている。

後少しだ…

ノクトが一気に竿を引くと…急に抵抗感がなくなり、そして次の瞬間、ばしゃーん!!! と、緑のでかい塊が水面を飛びした。ぬめっとした、深緑の、気色の悪い肌が見え、それが勢い余ってノクトの方に飛んでくる…

うわあああああ?!

ノクトは思わずさけび声をあげて、その、何ものかを避けようと身をかがめた。その緑の塊は…ノクトの頭を掠めて宙を飛び、そして、ビダン!!!と、痛そうな音を立てて、石橋の上に張り付いた。

水かきのある4つの足に、長い尾…それは、ノクトの頭ほどもある巨大なトカゲ型の何か…ノクトは橋の上に倒れこみながら、唖然として上がった獲物を見つめる。

「うは、うはっ、超ウケる!!!」

苦しそうに腹を抱えながら、プロンプトが爆笑した。カメラには…バッチリ納めたようだ。

「傑作!傑作だよ!!」

「こ、コノヤロウ!すぐ画像を消せ!」

「ヤダよ〜〜!ルーナ様にみせてあげるんだから!」

ノクトは竿を置いてプロンプトを追いかけた。

「カメラよこせって!」

「ヤダ、やめて、ノクト!」

プロンプトは、ゲラゲラ笑いながら逃げ回る。その時、ばしゃーん!!! とまた水の音がして、2人は我に返った。さっきのトカゲが、橋から川に飛び込んだようだ…置いてあった竿が、川に引きずり込まれていくのが見える。


「うわっ!!待て!!」

ノクトは大慌てで竿に飛びつき、すんでのところで、竿を引き上げた。

ぷつん!

と嫌な音がして、派手に釣り糸が跳ね上がった。切れた釣り糸を手に、ノクトは茫然と立ち尽くす…


ノ、ノクト…?


プロンプトが、恐る恐る声をかける。

「ご、ごめんね、ノクト! 写真嫌だったら消すからさ…」


「…」


くそっ…つけていたのはオルティシエで手に入れたレアもののルアーじゃなかったっけ?

ノクトの方ががっくりと落ちる…小魚5匹と引き換えか…高くついたな。ノクトは、空を見上げて、大きく深呼吸した。


「…プロンプト。責任取れ」


「へ?!」


プロンプトは冷や汗を掻いた。


プロンプトはそのまま、ノクトの家まで連行された。何事かと思ったが、ルーナのために一緒に夕飯つくりを命じられると、なぁあんだ、そんなこと、とホッと胸を撫で下ろす。手に入れた獲物はたった5匹の小魚。これをより豪華に見せろというのが、ノクトの指令だ。


「やっぱ、フライだよねぇ…さばいたら食べるとこなくなっちゃうし…骨ごとバリバリ食べれるようによく揚げてさぁ」


「いいから、やり方を教えろよ」


「ノクト、自分でやるつもりなの?」


「うるせーな。お前は手伝いな…」


ははん…自分で作った、といってルーナ様に振舞いたいんだな、とプロンプトはほくそ笑む。


「じゃあ、ほら、小麦粉といて、衣つけてあげるんだから」


プロンプトはノクト夫婦の台所をあさって、必要な材料を見つくろう。


「メインはそれでいいとしてさぁ、フライだけってわけにいかないでしょ。スープと、リゾットでも作る?」


「おう、いいな。どうやるんだ?」


プロンプトはそれっぽく、ノクトに材料を切らしたり、鍋を混ぜさせてやったりして、自分で料理している感じを味合わせてあげた。ノクトは不器用ながらに、一生懸命に料理に取り組んでいた。…その姿を見ると、思わず微笑んでしまう。


もう、ラブラブなんだから…


そして、つるんでいた友が、家庭を持ってしまったことに、ちょっと寂しさも覚える。最近、全然話してないっていうのに、ちっとも気にしてくれないんだから…。しかし、同時に、まるで保護者みたいな気分にもなる。王子である以外に…戦闘をのぞけば、なんでも不器用だったノクトが、結婚式を挙げたときには、ほんとうにボロ泣きしてしまった。それがもう、今は妻を気遣って料理まで作っているなんて。


「おい、まだ、いいのか…魚は」


ノクトは、油の中でじわじわいっている魚達を、びくびくしながら観察している。


「丸かじりするなら、低温でじっくり揚げないとね…焦がさないように気をつけて」


「お、おう…」


プロンプトは、嬉しさと寂しさといろんな気持ちがない交ぜになりながら、でも、ほんと幸せな風景だな、と思った。ゴートナダの調査ではそれなりに緊張もあったけど…でも、10年前みたいな戦争もないし、シガイもいない。本当に平和になったんだな。


「そろそろ…いいなじゃないか。黒っぽくなってきたぞ?」


「ああ、そうだねー、じゃあ、ほら、こっちの網の上に上げていって。油を切って」


ノクトは恐る恐る菜箸で油から魚を引き上げる。途中、落としそうになりながら、なんとか網の上にあげた。火を止めて…食事が歓声だ。


「揚げたてがおいしいんだけどね。ルーナ様もそろそろ戻るかな?」


外は夕暮れの日差しになっていた。炊き出しは、ちょうどこれからが配膳の忙しい時間だろう。


「しかたねぇな…プロンプト、一つ味見しろよ」


「え?いいの?!5個しかないでしょ?」


「いいさ。それでちょうど二つずつになるしな」


プロンプトはちょっと、じーんとして、それから嬉しそうに笑顔を浮かべながら


「じゃあ、ノクトの手料理、いただきます!!」


と、揚げたてあつあつの魚を一匹頬張った。


「んまいっ!!」


「そうか?うまいか!」


ノクトは、無邪気にプロンプトの反応を喜んだ。その時、玄関の戸が開いた。


「遅くなりました。今、帰りました!」


慌てた様子でルーナが入ってきた。よほど急いできたのだろう。汗にまみれて髪を振り乱している。


「あら…」


食卓に料理が整いつつあるのを見つけて驚く。


「お邪魔してまーす!」


プロンプトは、出来立てのフライを皿に持ってリビングに入った。


「あら、プロンプトさん」


「今、ちょうど揚げたてですよ! ノクトの手作りだから」


ノクトはちょっと照れくさそうに、プロンプトの後ろから現れる。まあ…ルーナは、目を見開いて、感動していた。


「ノクティスがこれを…」


「ま、まあ、その、プロンプトに手伝ってもらってな」


「ノクト、がんばってたよぉ」


そして、メインの皿をテーブルに置くと、プロンプトは自分の荷物を持ってさっと、玄関へ向かった。


「あら、ご一緒に召し上がらないんですか」


ルーナは驚いて引きとめようとしたが


「あー、ごめんなさい。実はこれから約束があって」


プロンプトは適当な嘘を言いながら、ノクトに向かって笑顔で手を振る。いい夜を!

ノクトは、ちょっと、うるっとした目で、感謝の意を伝えた。


「プロンプトさん、近いうちにお食事に来てくださいね」


ルーナは、恐縮して言った。


「はい、必ず!」


プロンプトは満面の笑顔を向けて、ノクトの家を後にした。

0コメント

  • 1000 / 1000