継続セッション

一般的なセッションの例をご紹介します。

実際には、ひとりひとりのクライアントさんとの対話から、セッションがデザインされます。


★事前のご相談(無料)

セッションの開始を決めていてもいなくても、まずはラフなおしゃべりから。コーチングは、コーチとクライアントの関係性が大きな力を持っています。ラフにおしゃべりをしながら、2人で関係性を築きます。最後に、お互いがしっかりとコーチングに気持ちを向けていけるか確認します。

★導入セッション(1.5時間~3時間/以降、有償)

セッションの開始を2人で決断したら、導入セッションを行います。これからのセッションを2人でどんな風に旅をするか、お互いにリクエストしたいこと、コミットすることなどを確認して行きます。

また、これからの大きなテーマをつかむために、これまでの人生を振り返ったり、あなたの価値観を探るワークをすることがあります。

★継続セッション(1時間/回、月2回、3ヶ月~6ヶ月)

根底となる大きなテーマに寄り添いながらも、日々起こっていること感じていることを入り口にして、コーチングを行います。

★完了セッション(1.5時間、最終回)

ご契約期間の最後に、コーチングを閉じていく完了セッションを行います。継続セッションを通じて起きたことを、もう一度しっかりと味わいながら、新しい気づきが自分の血肉になっていることを確認していきます。

最後に、この旅をともに歩んできたパートナーとして、お互いにギフト(感謝の気持ち、尊敬、励ましなど)を交換して、終了します。


☆セッション費用について

セッション費用は協議のもと、クライアント別に設定しています。相場を確認されたい方は、いろいろなコーチの金額を調べることをお勧めします。

コーチングは贅沢品なのでしょうか?私は、どちらかというと、インフラだと思っています。なので、私は、必要としている人には誰にでも、コーチングを届けたいと思っています。

もし、貴方がいかなる理由であれ、経済的な障壁を感じてコーチングのスタートを迷っているのであれば、一度ご相談ください。お互い、オープンにお金の話をしましょう。それは、今後セッションをする上でも大変な力を与える関係性への入り口になると思います。